キバレ薩摩アスリート

鹿児島のスポーツ、鹿児島出身の選手を応援するブログです

プロ野球開幕して1ヶ月、鹿児島出身選手のここまでの成績

2021年のペナントレースが開幕して1ヶ月が過ぎました。 地域によっては、緊急事態宣言が出て無観客になるなどありますが、何とか日程を消化しています。 ここまでの鹿児島県出身選手の結果を振り返ってみます。 ※1軍の成績のみ ※県外出身で鹿児島の高校を卒…

明生、前頭三枚目で2桁勝利し敢闘賞獲得!

大相撲三月場所で、鹿児島県大島郡瀬戸内町出身の明生が、前頭三枚目で10勝5敗の好成績を上げ敢闘賞を獲得しました。 上位陣と当たる番付まで来た今場所は、勝ち越すのも難しいと思いましたが、見事な活躍でした。 特に正代、貴景勝の大関を2日続けて破った…

黄金時代!90年代鹿児島県勢の夏の甲子園成績

1990年代の夏の甲子園の鹿児島県代表は、優勝こそありませんでしたが、優勝に限りなく近い準優勝やベスト4もあり、黄金時代を迎えていました。 80年代は低迷していた鹿児島実業が勢いをつけ、鹿児島商工(樟南)と共に全国に名を轟かせました。 毎年楽しませ…

鹿児島の高校野球1980年代、夏の甲子園振り返り

1980年代の鹿児島県勢、甲子園での戦績を夏に限って振り返ってみます。 1974年、定岡正二投手を擁して鹿児島実業がベスト4に入りましたが、その後5年連続鹿児島県勢は初戦敗退しました。 非常に苦戦していた70年代でしたが、果たして80年代はどうだったので…

球春到来!2021年プロ野球鹿児島県出身選手リスト

プロ野球も無観客ながらキャンプインして、いよいよ2021シーズンがスタートしました。 今年もコロナ禍で、観客数をどうするかとか、オリンピックが開催されるかどうかで日程も変わってくることが予想される難しいシーズンになりそうです。 そのような中です…

多くの名ランナーを輩出~鹿児島県地区対抗女子駅伝

日曜日は第34回鹿児島県地区対抗女子駅伝が行われます。 4連覇を狙う姶良に、社会人・高校生共に充実した出水、選手層の厚い鹿児島・肝属、高校生が強力な川薩・日置など上位争いが楽しみです。 また、この大会の特徴として、都大路やクイーンズ駅伝、杜の…

オール鹿児島で初優勝~2000年全国都道府県男子駅伝

先週の女子に続き、今週の全国都道府県対抗男子駅伝も中止になってしまいました。 今年の鹿児島は、5000m13分48秒という素晴らしい記録を持つ高校生が2人いるなど、開催されれば面白い存在になっていただけに残念です。 鹿児島は2000年の第5回大会で一度優勝…

全国都道府県対抗女子駅伝~鹿児島県これまでの振り返り

今週の日曜日は、全国都道府県対抗女子駅伝が開催される予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で中止になってしまいました。 今年の鹿児島は高校生が充実しており、社会人の招集次第ではかなりの上位が見込まれたので残念です。 というわけで、これまでの…

高校サッカー・ラグビー・バレー・バスケット冬の全国選手権の鹿児島県勢結果

この年末年始に行なわれている、高校サッカー、ラグビー、バレー、バスケットの冬の全国選手権が佳境を迎えています。 開催も危ぶまれましたが、何とかギリギリセーフで開催にこじつけました。 実際出場辞退する学校があるなど、指導者、選手、大会関係者の…

2021年鹿児島の長距離の展望と箱根駅伝、ニューイヤー駅伝の鹿児島県関係の結果

お正月3ヶ日はテレビで駅伝三昧でした。 箱根駅伝などは史上最高の視聴率を出すなど、コロナ禍の影響もあってかテレビ観戦された方も多かったのではないでしょうか。 少し予想外の結果になったニューイヤー、箱根駅伝の鹿児島出身選手の結果と、2021年の鹿児…

ニューイヤー駅伝、箱根駅伝の鹿児島県出身選手エントリーリスト

元日にニューイヤー駅伝、2日、3日に箱根駅伝が開催されます。 今回も多くの鹿児島県出身選手がエントリーされています。 鹿児島県出身選手のエントリーリストと区間エントリーを載せておきます。 特に箱根の区間エントリーは、当日変更が4人から6人に増えて…

2020鹿児島スポーツ10大ニュース

本来なら東京オリンピックが開催され、その後鹿児島国体が開催されるという、日本、そして鹿児島のスポーツ界も沸きに沸いた1年になるはずだった2020年。 新型コロナウイルスの影響により、東京オリンピックも鹿児島国体も延期になってしまいました。 高校…

神村学園悔しい準優勝~2020全国高校駅伝女子

神村学園が優勝候補の大本命で2年ぶりの優勝を目指して臨んだ、第32回全国高校女子駅伝。 結果は1時間7分38秒で準優勝という悔しい結果に終わってしまい、駅伝の難しさ、キーピングの難しさを改めて痛感させられました。 戦前の予想では、神村と前回覇者の仙…