カープとマラソン観戦のススメ

カープとマラソン・駅伝を中心にスポーツの感想を気ままに綴ったブロブです

大相撲、実力伯仲で面白いけど番付制度が崩壊の危機!

大相撲初場所は幕尻の徳勝龍の優勝で幕を閉じました。

 

初場所は両横綱が早々に休場し、カド番大関豪栄道、先場所陥落した高安も序盤で負けが先行する苦しい展開でになり、その他三役陣も星の潰しあいをするといった大混戦になりました。

 

そんな中、幕尻の徳勝龍が優勝するというまさかの結果になりましたが、今年の大相撲、世代交代・実力伯仲で面白いのですが、伝統の横綱・大関制度が心配になります。

 

前頭上位から上は実力ほぼ互角

現在は、前頭二枚目位から上はほぼ横一線といってもいいのではないでしょうか。

 

先場所(九州場所)の14日目を観戦に行きました。

横綱白鵬が43回目の優勝を決めた日でした。

f:id:kenkou07:20200131160847j:plain

令和元年九州場所14日目

その時は、白鵬が衰えはあるもののうまさで(物議をかもしている立ち合い等含めて)頭一つ抜けていて、その他の前頭上位から上は実力横一線だと思いました。

 

しかし今場所を見て、白鵬を含めて前頭二枚目位から上はほぼ互角ではないかと思います。

 

人気力士の炎鵬も上位陣と戦っても勝負になりますし、だれが勝つか分からないので、見ている方は面白いです。

 

これが一般のスポーツのリーグ戦だったら、混戦でどこが勝つか、だれが勝つか分からない最高の展開ですが、横綱大関という番付制度のもとに成り立つ、伝統興行の大相撲ということを考えると複雑です。

 

 

徳勝龍初優勝の要因

まさかの幕尻から初優勝した徳勝龍ですが、考えてみれば優勝する要因はいくつかありました。

 

両横綱が休場し、上位陣が実力伯仲なので潰しあいをするなかで、上位陣と当たらない徳勝龍が星を伸ばしていきました。

 

そして、今は押し相撲全盛ですので、引き落としを得意とする徳勝龍はうまくハマれば勝ち星を積み重ねる可能性もあります。

まさに今場所はそれがハマりました。

 

それにしても千秋楽の貴景勝戦は気迫、勢いのある素晴らしい一番でした。

優勝を決めるにふさわしい相撲でした。

 

 

どうなる横綱・大関陣

横綱鶴竜は、来場所あたりは進退をかけた場所になりそうです。

引退前の稀勢の里の状態に似てきています。

また、15日間取り切ったとしても、現在の力では横綱にふさわしい成績を残すのは難しいです。

 

 白鵬も衰えを隠せなくなりました。

本人も東京オリンピックをひとつの目途にしていますし、どうでしょうか?

 

 

貴景勝は今場所は最高位として頑張りました。

23歳と年齢も若く、パワーあふれるいい力士です。

 

しかし、押し相撲なので安定感にかけるところがあります。

ケガしなければ大関の地位は守れるでしょうが、その上を目指すには組んでもある程度は戦える相撲を身につけることでしょう。

 

今の理事長の北勝海の横綱時代のような感じになるといいですね。

 

貴景勝はケガが怖いです。

照ノ富士のように、ケガをして大関陥落となってしまえば、横綱・大関ゼロという最悪の事態にもなりかねませんので、ケガには気をつけてもらいたいです。

 

あまりにケガを怖がった相撲になれば、貴景勝は力を出せませんので、それはそれでピンチですね。

 

 

となれば誰か早く大関に昇進して欲しいところです。

 

今のところ朝乃山が来場所12勝で大関昇進かと言われています。

可能ではあると思います。

 

ただ、12勝したのは優勝した場所で前頭八枚目で前半は上位陣との対戦がなく、両横綱との対戦がなかった場所の1場所のみなので不安があります。

 

朝乃山は体格もよく、身体のバランスのいい力士です。

右寄つに組んだら力を発揮する懐の深い力士です。

 

押し相撲全盛の時代に寄つ相撲の貴重な若手力士です。

課題は左寄つでもとれることと、押し相撲への対応でしょうか。

 

来場所ではなくても、この流れで再来場所にでも昇進して、さらに力をつけてその上も目指してもらいたいです。

 

 

今年の相撲界を占う

 令和2年は始まったばかりですが、年末には相撲界はどうなっているのでしょうか。

 

今の両横綱がいるのか、いないのか分かりませんが、年末は横綱不在、大関・朝乃山と貴景勝の二人になっている可能性が高いです。

 

その下は群雄割拠、大混戦になっているのではないでしょうか。

 

最近上位にいる御嶽海、北勝富士、遠藤、正代、大栄翔らが争い、人気の炎鵬が土俵を盛り上げているでしょう。

 

大関経験者の高安、栃ノ心、照ノ富士がどうなっているのかも楽しみです。

 

 

実力伯仲で大混戦の大相撲も楽しいですが、昔の北の湖が憎らしいほど強かったように安定した最強横綱がいて、皆でそれに挑んでいく構図もやはり見たいです。