カープとマラソン観戦のススメ

カープとマラソン・駅伝を中心にスポーツの感想を気ままに綴ったブロブです

カープ、駅伝、東京オリンピックと今後も楽しみが多いです

訳があってこのブログの更新が滞っていました。

 

実に160日ぶりの更新です。

 

 

更新していない間、いろいろ状況は変わってます。

 

カープがシーズン4位に終わってしまい、マラソンMGCも終了しました。

 

東京オリンピックについても、いろいろありましたね。

 

 

しかし、これから話題は豊富です。

ボチボチ投稿していきます。

 

 

佐々岡新体制スタート!

 更新していない間に、佐々岡新体制になったカープ

 

当初はネガティブな話題が多かったですが、會沢の残留あたりからいい話題が増えてきました。

 

野村、長野の残留、誠也の侍ジャパンでの活躍や結婚、秋季キャンプでの若手の台頭など明るい話題も最近は多いですね。

 

菊池はどうなるか現時点ではわかりませんが、どちらに転んでも大歓迎です。

 

シーズン終了後はあまり気分が乗りませんでしたが、今は来シーズンが楽しみです。

 

 

 

マラソン代表残り一枠は

あれだけ展望しておきながら、更新しない間に終わったマラソンMGC

 

男子

  1. 中村匠吾(富士通)
  2. 服部勇馬(トヨタ自動車)
  3. 大迫傑(ナイキ)

 

女子

  1. 前田穂南(天満屋)
  2. 鈴木亜由子(日本郵政)
  3. 小原玲(天満屋)

という結果でした。

 

自分の印象としては、そんなに大きな波乱はなかったと思いました。

 

特に前田穂南は強かったですね。

 

 

これからファイナルチャレンジ(1部終了していますが)が佳境に入ります。

 

 

男子は設定タイムクリアは厳しいですが、東京マラソンに注目ですね。

 

大迫の動向がきになりますが、設定タイムクリアの可能性があるのは設楽、井上あたりでしょうか?

 

しかし、9月のダメージが残っているかと思うので厳しいかもしれません。

 

旭化成の村山あたりも、一発狙ってくるでしょう。

 

 

 

女子は大阪、名古屋ともに可能性はあります。

 

ただし、当日の調子、気象条件やペースメーカーの出来などの条件が揃わなければなかなか難しいですね。

 

大阪には福士、松田、そしてMGC3位の小原もエントリーしていますね。

 

名古屋では一山、上原あたりがエントリーしてくるでしょう。

その辺の駆け引きにも注目です。

 

 

そして、

「東京オリンピックのマラソン開催地が札幌に変更」

 

というまさかの出来事も起こりました。

 

 

これについては、メディア等で様々議論されてきましたので、詳しくわ触れませんが、暑さの問題は最初からわかっていたことなので、「今さらかよ!」という思いが強かったです。

 

どこの世界でも「鶴の一声」には敵わないなと思いました。

 

 

しかし、決定した以上は、それに向けて調整するしかないですね。

 

 

これから楽しみな駅伝が目白押し

全日本大学、全日本大学女子、全日本実業団(クイーンズ駅伝)は終わりましたが、これから主要な駅伝が目白押しです。

 

年内では、あさっての高校駅伝、30日の富士山女子駅伝があります。

 

年が明けて、ニューイヤー駅伝、箱根駅伝と続きます。

 

都道府県対抗駅伝も楽しみですね。

 

 

 

だいぶ間が空いてしまいましたが、カープの話題、マラソン・駅伝の事、そしてオリンピックについて書いていきますので、よろしくお願いします。

 

f:id:kenkou07:20191220174822j:plain

とりあえず、明後日の高校駅伝を楽しみにしながら、今からジョギングに行ってきます。