カープとマラソン観戦のススメ

カープとマラソン・駅伝を中心にスポーツの感想を気ままに綴ったブロブです

広島カープレギュラー争い~捕手編

広島カープの日南キャンプも今日から第2クールに入りました。

第1クールから熱のこもった激しい練習が出来ているようでした。第2クールもケガなく、活気のある練習を繰り広げてもらいたいです。

 

今日はキャッチャーのレギュラー争いについて書きます。

とは言ってもキャッチャーに関してはほぼ會澤が正捕手で決まりでしょう。

ここにベテランの石原や期待の坂倉などがどう絡むかというところが焦点でしょう。

 

2018捕手陣成績

今シーズン支配下捕手の昨シーズンの1軍での成績は

              試合  打率  本塁打 打点

●會澤 106  .305  13 42

●石原  58  .177   1  7

●磯村  37  .215   1  4

●坂倉   9  .125   0  1

●船越   1 (打席に立たず)

●白濱  (1軍試合出場なし)

●中村  (1軍試合出場なし)

という結果でした。

 

會澤の打率3割越えは立派ですね。

出場試合数は2017年と同じですが、打撃の数字はすべてキャリアハイです。

 

石原はジョンソン専用と試合後半の出場が目立ちました。

 

磯村は若手の投手と組むことが多かったです。

 

2018年は會澤、石原、磯村の3人が1軍にいることがほとんどでした。

今年はどうなるでしょう。

 

 

2019捕手陣の展望

會澤

打てるキャッチャーの會澤。今年も打撃成績で昨年以上のものを残してもらいたいです。

長打力もありますが、打順は出来れば8番がいいです。會澤が8番に座る打線は怖いので。

そして選手会長、チームリーダーとしての役割も期待されています。

 

石原

チーム最年長のベテラン石原。今年もジョンソンと組むのでしょうか?

ジョンソンも2020の契約も結んだのでそろそろ他の捕手とも組めるようになってもらいたい気持ちもあります。

となるとかなり出番が減ると思いますが、ベテランの力は必要です。

最後の要としてベンチに残っていたら心強いでしょう。

 

磯村

春季キャンプは2軍スタートとなった磯村。さぞかし悔しい思いをしているでしょう。

昨シーズンは打撃も良いところで打ったイメージがあります。

キャンプ第2クールからの巻き返しを期待します。

 

坂倉

期待の若手坂倉。秋季キャンプでは打撃を生かすために、外野の練習も行っていました。

今シーズンはどんな使われ方をするのでしょうか。

會澤の存在があるので正捕手の座はまだ難しいかもしれませんが、自チーム、相手チームの先発投手によっては、スタメンマスクもあるでしょうし、もしかしたらスタメンレフトもあるかもしれません。

一番期待されるのが今シーズンは左の代打の切り札でしょう。

いずれにしても可能性を秘めた期待の大きい選手です。

 

船越

春季キャンプ1軍スタートとなった船越。會澤・石原の壁、磯村の意地、後輩の坂倉の存在と競争は厳しいですが、キャンプ、オープン戦でアピールして、第三の捕手でもいいので、まずは1軍に残ることが大切です。

 

白濱

白濱は今年が正念場でしょう。ドラフト1位で入団して今年で16年目。

プロ入り9年目の2012年の35試合出場が最多出場で、2015年からはほとんど1軍に上がれていません。

2軍で数字を残して、上にあがってきてもらいたいです。

 

 中村

甲子園で大活躍して、鳴り物入りで入団した中村奨成。

2年目に期するものがあったと思いますが残念なニュースが入りましたね。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

この大事な時期に離脱して練習出来ないのは痛いですが、ケガしてしまったものは仕方がないので、しっかりと治してから出てきてもらいたいです。

 

 

2019広島カープ捕手陣。高いレベルでの競争を繰り広げてもらいたいです。

理想は會澤(もしくは坂倉)が恐怖の8番打者としてフル回転出来れば4連覇の可能性も高いでしょう。