カープとマラソン観戦のススメ

カープとマラソン・駅伝を中心にスポーツの感想を気ままに綴ったブロブです

旭化成今回もMGC獲得者なし~別府大分毎日マラソン

先程終了した別府大分毎日マラソン。

新たに中電工の二岡選手、GMOアスリーツの橋本選手、MHPSの岩田選手の3名が新たにMGC出場権を獲得しました。

 

現在ニューイヤー駅伝3連覇中のマラソンの名門・旭化成。

今のところMGC獲得者は出ていませんが、今回は日本選手権1万メートル覇者、期待の大六野選手が初マラソンとあって期待は高まっていました。

 

大六野30キロ手前でまさかの失速

初マラソンですがエースの大六野選手の走りに大いに期待していました。

 

報道を見る限り調子も良さそうですし、レースに入っても余裕をもって走っているように見えました。

気象コンディションも良く、初マラソンにしてかなりの好記録でMGC獲得するもと思い見ていました。

 

しかし、30キロ手前であっさり遅れだし、その後はズルズル後退、結局37位に終わってしまいました。

これが初マラソンの難しさでしょうか。やはり30キロが鬼門になってしまいましたね。

 

 

旭化成勢またもMGC獲得ならず

大六野選手の他に茂木、深津、市田宏といったメンバーが出走していましたが、いずれも獲得に至りませんでした。

 

市田宏選手は最初から先頭集団に付かずほとんどテレビ写らずに終わりました。

どうしたのでしょうか?

 

大六野選手と同期の村山兄弟、市田兄弟などもマラソンで結果を出せていませんし、マラソンに関しては旭化成は最近苦戦しています。

 

駅伝でなかなか勝てない時にも、マラソンでは代表を送り込んで「マラソンの旭化成」と言われていましたが、駅伝で勝てるようになったらマラソンで勝てなくなるのも皮肉なものです。

 

村山兄弟や大六野などスピードランナーはマラソンの適性がないのでしょうか?

しかし、同じように箱根を沸かせてトラックも強い大迫、設楽、服部などはマラソンでも結果を出しています。

 

ポテンシャルは十分にあると思うので、次は何とか結果を出してもらいたいです。

 

東京マラソンには村山謙太選手が出場予定です。

タイプ的にMGC獲得を狙った守りの走りは難しいと思うので、最初から積極的な走りで、高速コースでもありますので、昨年の設楽、井上選手のように最後まで押し切って好記録を期待します。

 

 

MGC獲得者24名に

今回3名新たに獲得して計24名になりました。女子の9名と比べて多いですね。

 

最終的には何名になるのでしょうか。今後のレースが楽しみです。