カープとマラソン観戦のススメ

カープとマラソン・駅伝を中心にスポーツの感想を気ままに綴ったブロブです

長野選手入団会見と日南キャンプメンバー発表

昨日は長野選手の入団会見と春季キャンプの1軍メンバー発表されました。

入団会見の模様は報道等でご覧になられた方も多いと思いますが、とにかく頼もしいの一言です。ますます期待が膨らんで来ました。

 

春季キャンプのメンバーも発表になり、いよいよ球春到来!今年はどんなドラマが待っているのでしょうか。

リーグ4連覇、そして日本一を目指しての戦いが始まります。

 

 

長野選手に期待する役割

長野選手に期待する役割を考えてみました。

3番レフトに入る

野間がセンターに回り、長野が3番レフトに入れば一番収まりがいいですね。

長野は丸とは正反対で超積極的打法ですので、出塁率は大幅に下がると思いますが、天性の打撃センスがあります。

昨年までと野球は変わってしまいますが、ここにはまってくれると大きいですね。

 

6,7番でレフト

勝負強い長野ですから、6,7番あたりに入れば怖いです。

その場合3番候補の1番手は西川。昨年不安を露呈したサードをしっかりと守らなければなりません。

その他の候補は、松山5番固定で考えれば田中、野間、安部あたりでしょうか。

 

センターで起用

野間の状態次第ではセンターでの起用も考えられます。

その場合レフト候補はバティスタ、昨秋から外野の練習もしている西川、坂倉、そして野間、また下水流あたりもねらっているでしょう。

 

代打待機

センター野間、レフトバティスタ、西川あたりに収まったら、代打待機もあります。

勝負強い積極打法ですので、右の代打の切り札として期待できます。

また、レフトがバティスタ、西川あたりがスタメンだと、守備固めまではいかなくとも、外野の経験豊富な長野が後半守備に着く事も考えられます。

 

 

チームリーダーとしての期待

新井が抜けたことにより、チームリーダーとしての役割を期待する声も出ています。

しかし、移籍してきたばかりで、それを求めるのは酷だと思います。

新井の役割は無理としても、ベテランの石原、小窪らと共に経験を若手に伝えていき、チームを引っ張っていってもらいたいです。

 

明るい性格ですので、誠也や菊池にいじられてムードメーカーになるかもしれないですね。

 

 

春季キャンプメンバー発表

春季キャンプの1軍メンバーが発表されました。

ほぼ順当なメンバーですが、しいて言えばメヒア、今村、磯村が外れた事と、高卒ルーキーの小園が入った事くらいでしょうか。

小園への期待の大きさがわかります。

 

今回1軍メンバーから外れた選手も、積極的にアピールして結果を出して、1軍メンバーに帯同できるように頑張ってもらいたいです。

 

昨年は1軍が日南にいるうちには行けず、2軍キャンプを見学してきました。

日南で調整していた新井やエルドレッド、1軍入りを狙う天谷、小窪、赤松らのベテラン勢の元気な姿や、ルーキーの中村奨成らも見れてよかったです。

 

今年は1軍がいるうちに日南に見学行く予定ですので、またその時には報告します。