カープとマラソン観戦のススメ

カープとマラソン・駅伝を中心にスポーツの感想を気ままに綴ったブロブです

稀勢の里引退に想う〜相撲イップス

横綱稀勢の里がとうとう引退を発表しました。

この成績では仕方がないですね。この数場所は出場しては序盤に負けが込み休場を繰り返していましたので、腹をくくった今場所はいくら負けても15日間全うして引退して欲しかった気持ちもありました。

本人もそのつもりだったのかもしれませんが、さすがに協会が許さないでしょうか。

 

 

相撲イップス

相撲イップスと言う言葉があるか分かりませんが、稀勢の里はここ数場所、本場所になると硬くなり、力を出せない状態が続いていました。

イップスとは野球の投手や内野手の送球がコントロール出来なくなったり、キャッチャーがピッチャーにボールを返す球が乱れたりなど、野球で多く起こります。

稀勢の里の例でいえば、近いのが長距離選手が練習や記録会では早いのに、駅伝になると硬くなり、自分の力を全く出せずにブレーキしてしまう選手がいますが、そのような状態でしょうか。

実際、稀勢の里は場所前の稽古では強いです。

 

牛久の海童

稀勢の里は新弟子時代から注目され、牛久の海童と呼ばれていました。

自分は以前、牛久と同じ常磐線沿線で仕事をしていたのですが(稀勢の里が当時所属していた鳴門部屋の近く)、萩原の名前は有名で、将来を期待されていました。

苦労はありましたが、期待に応えて横綱まで上り詰めたのは立派でした。

 

荒れる初場所

それにしても今場所の横綱、大関はどうなっているのでしょうか。

4日目を終えて、豪栄道と栃ノ心の2人の大関が4連敗です。

今の実力では大関から前頭3枚目位までの実力はほぼ変わらないですね。その場所で調子の良かった力士が勝ち越すという感じです。

また横綱鶴竜も2勝2敗と苦戦しています。

鶴竜もここ1、2年の成績は横綱としてはふさわしくないです。稀勢の里の影に隠れて目立ちませんでしたが、いなければ進退問題を言われてもおかしくなかったですね。

 

横綱白鵬が4戦全勝と調子がいいです。御嶽海、逸ノ城あたりが食い下がって、場所を盛り上げてもらいたいです。

 

稀勢の里は、横綱としては残念な結果でしたが、19年ぶりの日本人横綱になった功績は大きいです。

これからは指導者として、強い力士を育ててもらいたいです。