カープとマラソン観戦のススメ

カープとマラソン・駅伝を中心にスポーツの感想を気ままに綴ったブロブです

都道府県対抗女子駅伝

先日は第37回都道府県対抗女子駅伝が行われました。

毎年注目しているこの大会、高校駅伝や大学駅伝、実業団駅伝などと違い、優勝のカギはどれだけ選手を集められるかにかかっています。

地元の京都の優勝回数が突出しているのも、地元の実業団選手、ふるさと選手を優先的に呼べているのが大きいです。地元開催だけあって、この大会にかける意気込みが他府県よりも強いです。

もちろん中高生のレベルの高さも京都が強い原因です。

 

 

今大会の優勝候補は、その京都、愛知、兵庫を軸に大阪、神奈川あたりが絡むのではないかという予想でした。

自分的には鹿児島県が大注目でした。エントリーメンバー発表を見た時は、間違いなく入賞圏内、好位置でアンカーに渡せば優勝争いも出来るのではないかと期待しました。

 

結果は愛知県チーム3年ぶりの優勝

 

アンカーの鈴木亜由子選手に30秒以内で渡せればというところでしたが、わずか2秒差でのタスキリレー。これで優勝が大きく近づきました。

愛知は2区から8区まで中高生を並べるオーダーでした。

2区の藤中選手が区間賞の走りでトップに立つと、その後もほぼ先頭でアンカーまでタスキをつなぎました。

1区は駅伝経験豊富な安定した実業団選手、2~8区は強い中高生、そしてアンカーに日本トップレベルの選手と今回の愛知県は理想的なオーダーでした。

 

そして、期待していた鹿児島県ですが……。

前日発表のオーダーをみてがっかりしました。昨年急成長したアジア大会1万メートル代表の京セラ・山之内選手の名前がありません。故障していたようです。

オーダーは1区に高校駅伝でも1区を走り優勝に貢献した、神村学園・平田選手。2区はふるさと選手でこの大会2区で区間賞を取った事があるデンソー・倉岡選手。3区中学生で、4区から7区は高校駅伝を走った樟南高校と神村学園勢を並べました。8区中学生で、9区アンカーは地元鹿児島銀行の池満選手です。

 

レースは1区平田選手は高校駅伝の疲れもあったと思いますし、優勝したことによる取材対応などでコンディションもベストでなかったと思います。また報道でもありましたが、急遽1区を任されてたとの事ですので、山之内選手の欠場により、区間配置が変わったのだと思います。 

区間21位でのスタートはある程度予想出来ました。

2区の倉岡選手。ここで大きく順位を上げてくると予想しましたが、まさかの区間20位、順位も一つ下げてしまいました。所属のデンソーの他府県で走った選手も良くなかったので、合宿疲れか、調整が上手くいってなかったようですね。

3区の力のある中学生が区間6位と好走し順位を5つ上げ、4,5,6区は樟南高校勢が繋ぎます。

特に6区を走った古川選手は区間3位と好走し、順位も12位まで上げてきました。この選手は本来力のある選手で、高校駅伝でも1区を走るはずでしたが、調整がうまくいかず2区に回り、本来の力を出せませんでした。

好調で高校駅伝に臨めば、県大会と同じように最終5区まで神村学園をリードする展開だったと思います。そうすれば入賞圏内でゴール出来、鹿児島県ダブル入賞だったのですが、惜しかったですね。

レースに戻り、7区は高校駅伝優勝メンバーの神村・黒川選手が8区は中学生が12位をキープしたまま繋ぎ、アンカーの池満選手に渡しました。

池満選手は順位を2つ落とし、14位でゴールしました。抜かれた選手が新谷選手と岡本選手ですので仕方がないですね。

 

鹿児島県はポテンシャルはあると思います。来年も高校生の人材はいるので、地元の実業団、ふるさと選手をベストの状態で呼び(特に今回京都のアンカーを走った一山選手などは呼びたいですね)、結果はどうあれ優勝を狙って大会に臨んでもらいたいです。

 

でも、東京オリンピックもあるし難しそうですね。