カープとマラソン観戦のススメ

カープとマラソン・駅伝を中心にスポーツの感想を気ままに綴ったブロブです

箱根駅伝2019

 東海大学の初優勝で幕を閉じた今年の箱根駅伝。2日間テレビの前から離れられませんでした。 

上位校の感想と今回注目していた拓殖大学について書いていきます。

 

 

優勝 東海大学

見事な初優勝でした。黄金世代と呼ばれた現3年生が入部して期待されていましたが、箱根ではなかなか結果を出せませんでした。

スピードランナーが多いですが、今回は箱根対策で長距離の練習を十分に積んできた事が結果につながりました。

特に山対策がばっちりで、5区の西田選手、6区の中島選手ともに区間2位と山を制した事が最大の勝因ではないでしょうか。そして8区の小松選手の快走で勝利を決定づけました。

 

2位 青山学院大学

3区の森田選手でトップに立った時は5連覇濃厚かと思いましたが、その後の4区がまさかでした。ライバルの東洋が相澤選手、東海が舘澤選手と強い選手を起用してきているので、一旦逆転されるかもとは思いましたが、調子が良くないのか粘ることが出来ずに大きく離されてしまいました。

しかし、5区は期待の竹石選手ですので、追い上げて秒差の往路終了かと思いましたが、こちらも調子が上がらずに、逆に離されてしまい、トップの東洋とは5分30秒差の6位で往路を終えてしまいました。

さすがの強さを見せて復路優勝で追い上げましたが、東海大学には届かず2位でした。

 

3位 東洋大学

1位、4位、4位、1位(区間新)とつないで、山登りも堅実に8位で走り往路優勝を果たしました。特に4区の相澤選手の走りはさすがでした。

2位東海に1分14秒差、青山学院には5分30秒の差をつけて、逃げ切り可能かと思いましたが、東海大学の素晴らしい走りで8区で逆転され、9区で力尽きました。

総合優勝には選手層があと1,2枚足りなかった感じでしたが、来年も優勝候補の一角であることは間違いないです。

 

今回ダークホースとして注目していたのが拓殖大学です。

留学生主将のデレセ選手、馬場選手、戸部選手、硴野選手など4年生が充実しており、往路3位、総合5位くらいは望めると思っていました。

結果は1区赤崎選手が18位と出遅れてしまい、2区のデレセ選手がオーバーペースで追い上げなければいけない展開になりました。

予想では1区がトップと20秒差位で来て、2区で一時トップに立つ位の展開を期待していましたので、目論見が外れました。

デレセ選手が区間6位、3区の馬場選手が区間8位とまとめ、4区の石川選手も粘り、5区の戸部選手が区間6位と好走して、往路8位まで追い上げてきました。

6区の山下りは期待の硴野選手ですのでここでさらに順位を上げて上位を伺いたかったですが、その硴野選手が区間18位に沈み、目標がシード権確保に変わってしまいました。

7区、8区、9区は粘りながらアンカーにタスキを渡した時は10位。後ろから明治、早稲田、中央などの伝統校が追い上げて来るという苦しい展開でしたが、アンカーの松岡選手の快走で一つ順位を上げ、総合9位でゴールしました。

目標には及びませんでしたが、大学史上初の2年連続シード権獲得です。

その最大の功労者が初の留学生キャプテン、ワークナー・デレセ選手でしょう。

 

www.hochi.co.jp

前回の高校駅伝のブログにも書きましたが、勝つためにエチオピアから連れてきた留学生。

しかし来日当初は強くなく、日本人選手にも負けていました。本人の努力と人望でキャプテンに任命されるまでになり、チームを牽引してきました。

留学生問題の賛否、議論の余地は多々あります。しかし、不安を抱えて異国の地を踏み、懸命に言葉を覚えて頑張っている選手個人は尊重しなければなりません。

前回書いた神村学園のカマウ選手、そしてデレセ選手も日本の実業団に進むそうです。

堪能な日本語とコミニケーション力でこれからも活躍を期待しています。