カープとマラソン観戦のススメ

カープとマラソン・駅伝を中心にスポーツの感想を気ままに綴ったブロブです

陸上競技

選抜女子駅伝北九州大会2020

昨日は選抜女子駅伝北九州大会がありました。 この大会は実業団選手と高校生が同時に走る他にはない大会で、いつも注目している大会です。 参加チームも高校生は西日本の強豪校はほぼ全て、実業団もクイーンズ駅伝上位チームが出場していますので、見どころ…

都道府県対抗女子駅伝~ふるさと制度について思うこと

2020都道府県対抗女子駅伝は、京都が3年ぶりに優勝しました。 画像 https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/202001090000132.html 今年の大会はハイレベルで、優秀争いも最後まで分からなくておもしろかったです。 京都は最初で遅れましたが、…

富士山女子駅伝、ニューイヤー駅伝、箱根駅伝の感想は「ヴェイパーフライ」

年末年始の駅伝も本日の箱根で終わりました。 12月30日の富士山女子駅伝、元日のニューイヤー駅伝、1月2日、3日の箱根駅伝の感想は、一言でいえば、「ヴェイパーフライ」です。 画像 https://www.fashionsnap.com/article/2020-01-02/ekiden2020-nike/ 高校…

仙台育英圧巻の走りでV、神村学園は惜しくも連覇ならず~全国高校駅伝女子

全国高校駅伝女子は、仙台育2時間7分00秒で2年ぶりの優勝を飾りました。 前年の優勝校、神村学園は2時間7分19秒で2位に終わり、連覇はなりませんでした。 戦前からこの2校の争いと予想されていましたが、予想通り一騎打ちになりました。 勝敗を分けたのはど…

旭化成勢今回も撃沈!川内優輝はMGC辞退の意向~びわ湖毎日マラソン

3月10日に行われたMGCシリーズとしては最終戦となるびわ湖毎日マラソン。 ここまで28名の獲得者を出している男子ですが、最後に何人上積み出来るか、また、まだ1人も獲得者を出していない名門旭化成から、獲得者を出せるかに注目が集まりました。 そ…

MGC獲得者新たに5名~名古屋ウィメンズマラソン

ここまでMGC獲得者9名と苦戦していた女子マラソン。 今日の名古屋ウィメンズには有力選手が多数エントリーして、複数獲得の期待が高まっていました。 スタート時の気温11℃、薄曇りと絶好のコンディションも手伝って、新たに5名のMGC獲得者を出すこと…

一山MGC獲得にわずか33秒届かず~2019東京マラソン

時より激しく降る冷たい雨の中で行われた2019東京マラソン。 今日のコンディションは厳しかったですね。 MGCシリーズの男子は、大迫らすでに獲得している選手がどのような走りをするか、また新たに何人の選手が獲得するかが注目ポイントでした。 女子…

名古屋ウィメンズマラソン招待選手発表~今回はMGC獲得者が多数出る予感

3月10日に行われる名古屋ウィメンズマラソンの招待選手が発表されました。 女子はこれまで9人しか獲得者が出ておらず苦戦しています。 今回の名古屋はなかなかのメンバーが揃いました。 一般参加の選手にも有力選手がいます。 ワイルドカードでの獲得も…

女子マラソンMGC獲得レース今後の展望

女子のMGCグランドチャンピオンシップの出場権獲得者は今のところ9名です。 残るMGCシリーズのレースは3月10日の名古屋ウィメンズのみとなりました。 それと残る希望はワイルドカードになります。 このままではとてもさびしいMGCグランドチャン…

旭化成今回もMGC獲得者なし~別府大分毎日マラソン

先程終了した別府大分毎日マラソン。 新たに中電工の二岡選手、GMOアスリーツの橋本選手、MHPSの岩田選手の3名が新たにMGC出場権を獲得しました。 現在ニューイヤー駅伝3連覇中のマラソンの名門・旭化成。 今のところMGC獲得者は出ていません…

MGC獲得者1名のみ 大阪国際女子マラソン

大阪国際女子マラソン、MGC獲得者多数を期待していましたが、新たに獲得したのはノーリツの中野円花選手1名のみでした。 これで獲得者合計9人、男子に比べてかなり少ないですね。 知らなかったのですが、中野選手も大阪薫英女学院出身のようです。前田穂南選…

選抜女子駅伝北九州

日曜日は都道府県対抗男子駅伝と共に、選抜女子駅伝北九州大会がありました。 テレビ中継は午後3時から録画放送でありましたので、都道府県が終わった頃に始まり、駅伝三昧の休日になりました。 この大会は、実業団、大学、高校のトップチームが同一コース…

都道府県対抗男子駅伝 第一中継所混雑問題と鹿児島県の感想

今日は第30回都道府県対抗男子駅伝がありました。 結果は福島県が東北勢として初めての優勝を飾りました。 福島は高校生の頑張りがあり、終始上位でレースを進め、アンカーの相澤選手の区間賞の走りで最終区逆転で優勝しました。 相澤選手は区間2位の服部…

都道府県対抗女子駅伝

先日は第37回都道府県対抗女子駅伝が行われました。 毎年注目しているこの大会、高校駅伝や大学駅伝、実業団駅伝などと違い、優勝のカギはどれだけ選手を集められるかにかかっています。 地元の京都の優勝回数が突出しているのも、地元の実業団選手、ふる…

箱根駅伝2019

東海大学の初優勝で幕を閉じた今年の箱根駅伝。2日間テレビの前から離れられませんでした。 上位校の感想と今回注目していた拓殖大学について書いていきます。

全国高校駅伝女子

年末から年始にかけて、高校駅伝、富士山女子駅伝、ニューイヤー駅伝、箱根駅伝と駅伝大会が目白押しでした。 マラソン、駅伝好きの自分としては、テレビの前から離れられない日が続きました。おかげで、ジョギングなど運動に行けず、完全に正月太りです。 …